正月を一人暮らしの部屋で過ごすなら

一年の締めくくりとなる年末から一年の始まりになる年末は子供でも大人でわくわくするものがあります。正月と言うと、親戚などが集まり、家族全員で過ごすことが多くなることと思います。しかし人によって実家に帰らないで、そのまま一人暮らしで正月を迎える人もいるでしょう。正月となると、普段と雰囲気がことなり、何かしなくてはと思ってしまうものです。年末には大掃除などをして部屋をキレイにする必要があります。年始はそれほど忙しくならないでしょう。

一人暮らしにおける正月の快適な暮らし、部屋の環境について紹介していきたいと思います。年末の雰囲気はクリスマスを過ぎたあたりから本格的なものになっていきます。そのためクリスマスから大晦日にかけては、気の抜けない期間になるでしょう。ここでだらけてしまうと、気持ちよく新年を迎えることができなくなってしまうでしょう。大晦日から新年迎えた後の3日から4日は多くの人が休みとなるでしょう。たっぷりと時間を確保することができるので、その時にしかできないことをしてみましょう。まったりできる空間を作っておくのが重要になります。

正月を一人暮らしの部屋で過ごすなら

クリスマスから大晦日にかけて

クリスマスから大晦日にかけてやっておくと良いことを紹介します。

いよいよ年越し、除夜の鐘

年越し独特の雰囲気について、一人暮らしに焦点を当てて見ていきます。

寝正月

寝正月はやろうと思っても簡単にできるものではありません。

寝正月に飽きたら

寝正月に飽きてしまったら、何か別の行動を起こしてみると良いでしょう。

正月を一人で過ごす時に、やっておくべきことを紹介します。

正月を一人暮らしの部屋で過ごすならクリスマスから大晦日にかけていよいよ年越し、除夜の鐘寝正月寝正月に飽きたらサイトマップ

Copyright(C) 2011 - 正月を一人暮らしの部屋で過ごすなら - All Rights Reserved.